秋の進み具合を見に奥日光の小田代ヶ原へ行ってきました。草紅葉が色づき始め心地よい色調のハーモニーでした。ここの湿原もクマ笹とシモツケソウなどの背の高い植物に進出されてきています。いずれは草原になり、森になって行くのでしょう。戦場ヶ原へ向かって歩いていたら台風の爪痕で通行止め。途中の分岐点で表示を見逃したのです。引き返しシャクナゲ橋方面から赤沼へ戻りました。この時代、この季節、この時間の風景を楽しませて貰いました。
残しておきたい風景です。

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です