鈴木健夫洋画展

2019年5月14日長野県松本市のアカデミア館ギャラリーで新日本美術協会特別会員の個展「鈴木健夫洋画展」が始まりました。
私が絵の制作を再開するきっかけを頂いた恩師の個展です。当時の仲間と新宿発の電車での移動です。昔、八ヶ岳や駒ケ岳へ夜行で行ってた時以来です。(懐かしさより様変わりを感じる旅でした)
御年95歳ですが益々制作意気が盛んなので刺激を受けたり感心したりで頭が下がる思いです。地元の方々にも愛されているからなのでしょう、沢山の支援を頂戴しているようです。次は100歳で個展を開くと言っていました。こちらの体がもつかどうか?
4年前の個展より作品は小さくなりましたが点数や制作カテゴリーが増え味のある作品揃いでした。

土屋 政夫

新日本美術協会 委員 葛飾区美術会 副会長