外出自粛

宮城県在住の家内の妹との電話内容が耳に届きました。
どうやら、コロナ災害と、3.11災害についての様です。
緊急事態宣言が発令さて、首都圏の混乱ぶりが伝わっているのでしょう「一カ月位の外出規制ぐらい我慢しなさいよ」と妹が言っています。同じ自然災害でも東日本大震災では親族を亡くし家を失くし未だ元の生活を取り戻せない人達が多くいるのだから・・・。待ったなしの地震や津波の災害とは違い、新型コロナウイルスには対応する時間があるんだから、自粛をし個人個人出来る対応を取って耐えていこうよ・・・。まったく同感です。
政府の宣言が出なくても、自主的に周囲を気遣う行動がとれる日本人だと信じています。

ある音楽家が言っていました。今は地球が入院したのだと思えばいいと。入院中これまでの人類の営みを見つめ直すいい機会だと前向きにとらえています。
これ程大きなテーマでなくても、日常の生活を見つめ直すいいきっかけにしたいものです。

土屋 政夫

新日本美術協会 委員 葛飾区美術会 副会長